ローコスト住宅で、人気のメーカー・ランキングを知りたいですよね?

売上や満足度など、評判は気になるものです。

ローコスト住宅の中でも「人気のハウスメーカー」は存在します。

家づくりは失敗できないために、あからじめ情報を知っておく必要があります。

この記事では、家づくりに役立つローコスト住宅ランキングをご紹介します。じっくり、確認して下さい。

ローコスト住宅ランキング人気・評判おすすめ

ローコスト住宅とは

ローコスト住宅とは、建築費が安い家のことで1,000万円台から家を建てることができます

別途かかる、土地代や外構工事費用、消費税などを考慮しても「総額約2,000万円から家作りが実現」します。

これは、ローンを組んだ時に月々支払い額が、賃貸物件の支払いと同じくらいか安くなる金額です。

(例)2,000万円の住宅ローン⇒ 月々支払い例6.2万円(35年ローン・金利1.5%の場合)

ランキング上位10社は

ローコスト住宅ランキング2020総合結果<上位10社>

それでは、ローコスト住宅ランキング総合結果を発表します!

選定基準は?

「安くて、よく選ばれていて、満足度も高い」ローコスト住宅をランキングしました!

①まず、ローコスト住宅の中でも年間施工数が1,000棟以上ある、ローコスト住宅として代表的なメーカーを選んでいます

さらに、「顧客満足度」が高い順で順位付けを行いました!(2017年度・2018年度の各上位から順に10点・9点・・・と得点を付与し合計点を計算)。※オリコン調査

ローコスト住宅ランキング上位10社!各人気・評判の理由

1位:アキュラホームは、顧客満足度が2年連続1位。一括仕入れでコストカットを実現。

年間施工棟数 約1,500棟
顧客満足度’18 1位
顧客満足度’17 1位

アキュラホームは、ローコスト住宅の中での顧客満足度2年連続で1位に輝いています。

特に「金額への納得感」が全ハウスメーカ―中2位で、その理由は「資材や部材の一括仕入れ」にあります。

全国約250社で組織する日本最大の工務店ネットワークを主催することで大量購入し、価格を抑えているのです。

過去には本体価格550万円の商品があったほどで、現在は「1,000万円台から実現する自由設計」を打ちだしています。

アキュラホームは、低価格ながら、自由設計で幅広いプランで満足度の高い家を建てたい方は今すぐ検討する価値があります。

アキュラホームの住宅プラン>>

特徴アキュラホームの評判・坪単価など

2位:レオハウスは、3年連続1位の金額納得感で費用を抑えつつ、性能・設備もグレードアップしたい方に。

レオハウス

年間施工棟数 約1,750棟
顧客満足度’18 2位
顧客満足度’17 3位

レオハウスは、タマホームから独立して2006年に誕生した比較的新しいながらも躍進している住宅メーカーです。

クレヨンしんちゃんのCMでもお馴染みですが、何より特徴は、顧客満足度調査で「金額の納得感が3年連続1位(2018年は47社中1位」であることです。

ローコスト住宅として費用を抑えつつ、設備機器・断熱性能・耐震性能などを品質を高めたい方におすすめです。

年商約900億円の東証一部上場企業ナックが親会社のために、経営面でも安心感があります。

レオハウスの住宅カタログ>>

特徴レオハウスの評判や坪単価など

3位:クレバリーホームは、タイル張りで、ローコスト住宅らしくない高級感ある外観が特徴。

年間施工棟数 約1,750棟
顧客満足度’18 3位
顧客満足度’17 2位

クレバリーホームは、総タイル張りの外観が標準仕様となっていることが特徴です。

クレバリーホームならば、ローコスト住宅ながら、タイル張りのため見た目に重厚感・高級感が出る家作りが実現します。

外壁にタイルを利用すると高級感が出ますが、その分、ふつうは費用が約200万円前後高くなってしまいます。

クレバリーホームは、外壁タイルで高級感のある家づくりを実現したい方は、今すぐ検討する価値があります。

クレバリーホームの住宅プラン>>

特徴クレバリーホームの評判・坪単価など

4位:アイフルホームは、LIXIL運営のため水回りなどの住宅設備が充実

年間施工棟数 約5,000棟
顧客満足度’18 5位
顧客満足度’17 4位

アイフルホームは、キッチン・バス・トイレなどの大手メーカーとして知られるLIXIL(リクシル)が運営しています。

LIXIL運営だけあり、機能性やデザイン性の高い住宅設備が安く仕入れられ充実していることが特徴です。営業拠点も全国250店舗以上あり最大級です。

ネット限定発売をしている「i-Prime7」という商品では坪単価20万円台・700万円台〜と格安価格を実現しています。

アイフルホームは、住宅設備にこだわりたい方は、今すぐ検討する価値があります。

アイフルホームの住宅プラン>>

特徴アイフルホームの評判・坪単価など

5位:タマホームは、施工棟数なら、ローコスト住宅No.1の実績。充実の標準仕様。

タマホーム

年間施工棟数 約7,600棟
顧客満足度’18 6位
顧客満足度’17 5位

タマホームは、テレビCMなどによってローコスト住宅の中でも最も有名で、施工棟数も多い企業です。

ローコスト住宅の中では、基礎やオール電化、長期保証などの標準仕様の品質が高いことが特徴です。安くても質がいい家と言えます。

人気の「大安心の家」を中心に、商品の種類が多くあり、好みの家を見つけやすいことも嬉しいポイントです。

タマホームは、このみのローコスト住宅を見つけたい方は、今すぐ検討する価値があります。

タマホームの住宅プラン>>

特徴タマホームの評判・坪単価など

6位:ユニバーサルホームは、冬でも温かい「地熱床システム」が特徴。

ユニバーサルホーム

年間施工棟数 約2,000棟
顧客満足度’18 4位
顧客満足度’17 -位

ユニバーサルホームは、「地熱床システム」で冬温かく、夏涼しいことが特徴です。

光熱費を抑えることにもつながります。地面と床下に砂利を敷きつめ密閉し、コンクリートで仕上げている仕様となっていて、丈夫で災害にも強くあります。

また、ローコスト住宅の中でも、他社と比べ価格面でも安い傾向にあるのも嬉しいポイントです。

ユニバーサルホームは、冬に温かく、夏涼しくすごした方は、今すぐ検討する価値があります。

ユニバーサルホームの住宅プラン>>

特徴ユニバーサルホームの評判や坪単価など

7位:アイダ設計は、超ローコスト住宅として知名度を上げてきたメーカー。

年間施工棟数 約2,800棟
顧客満足度’18 -位
顧客満足度’17 -位

アイダ設計は、今ではありませんが、555万円の家や、888万円のい家という超ローコスト住宅や、有名人を起用したテレビCMで知名度を上げてきたメーカーです。

現在では1,000万円以下のプランはありませんが、それでも特に安く家を建てられる住宅メーカーの一つです。

安くても耐震性などの品質にはこだわりがあり、また、二世帯住宅やZEHなどにも対応しています。

アイダ設計は、特に安く、ローコスト住宅を建てたい方は、今すぐ検討する価値があります。

アイダ設計の住宅プラン>>

特徴アイダ設計の評判や坪単価など

8位:ロイヤルハウスは、最高等級のロイヤルSSS構法で、高品質の木造住宅。

年間施工棟数 約1,100棟
顧客満足度’18 -位
顧客満足度’17 -位

ロイヤルハウスは、木造住宅でデザインに力を入れ、かつ、従来の在来工法を進化させた「ロイヤルSSS構法」での高品質な住宅が特徴です。

「ロイヤルSSS構法」は、住宅性能表示7項目全てで最高等級をクリアし、耐震性や耐風性など住まいの基本性能が高い構法です。

構造が強いことで、例えば、大空間の間取りを取ることが可能です。

特徴ロイヤルハウスの評判や坪単価など

9位:アエラホームは、「外張り断熱システム」で温かく温度差が無い家が特徴。

年間施工棟数 約1,000棟
顧客満足度’18 -位
顧客満足度’17 -位

アエラホームの最大の特徴は、家をアルミで包み込む「外張り断熱システム」です。

高い気密性を確保でき、断熱性が高まり、外気の影響も受けにくく、家の中の温度差が無くなり、温かい家になります。冷房や暖房代の節約にもつながります。

また、アレルギーやウィルスを軽減するアルミを使用することで、シックハウスなどにも強い家となります。

アエラホームは、高い断熱性・気密性の家にしたい方は、今すぐ検討する価値があります。

アエラホームの住宅プラン>>

特徴アエラホームの評判や坪単価など

10位:エースホームは、ヤマダエスバイエル×LIXIL共同出資で、設備が充実した家

年間施工棟数 約1,000棟
顧客満足度’18 -位
顧客満足度’17 -位

エースホームは、ヤマダ電機100%子会社のヤマダエスバイエルと、住宅設備メーカーLIXILの共同出資をしてできた、ハウスメーカーです。

そのため、構造や住宅設備が充実していることが特徴です。

高耐久・高品質ながら安価な住宅作りをすることができます。

エースホームは、住宅の構造や設備にこだわりたい方は、今すぐ検討する価値があります。

エースホームの住宅プラン>>

特徴エースホームの評判や坪単価など

ランキング結果まとめ

ランキング上位は、以上10社です!

ローコスト住宅選びの課題とは

家づくりのためのローコスト住宅メーカー比較を自分で行うことは、とても大変です

住宅展示場やモデルハウスに行ったり、一社一社営業マンの接客を受けたり、契約を迫られそうなイメージがあるものです。

打ち合わせに1回3~4時間などかかり、間取りや見積もりができるまで1ヶ月かかることもしばしば。

たった2社比較するだけでも、着工まで6ヶ月かかったりもし、労力がかかりしんどいものです。

そのため、人気のローコスト住宅メーカーを知っても、「自分の希望に合う実際の住宅プランや費用」までは充分に比較できずに終わることが、失敗の原因です。

比較が不十分で、間取りの欠点や、より快適な住まい、費用の良し悪しなどに気づかないでしまうのです。

ローコスト住宅の比較は

ローコスト住宅メーカーを、簡単に比較する方法とは。

ローコスト住宅を気軽に無料で簡単に一括比較できるのが「タウンライフ」です。

あなたの希望に合わせた、オリジナルの住宅のプランを作ってもらうことができます。

ローコスト住宅で失敗しない、アイデア・アドバイスが充実。

たしかに、「新築注文住宅」カタログの資料請求サービスは他にもあります。

しかし、タウンライフなら具体的な住宅プランや間取りプランまで作ってもらえ、また、アイデアやアドバイスが充実している点で違い、おすすめなのです。

私も2度ほど利用したことがあるのですが、一度の請求でどっさりと資料や提案が届きました。

営業マンを目の前にせず、自分のペースで自宅でゆっくり余裕を持って間取り比較をすることができます。

間取りプラン検討時の「 ’自分にあった’ 情報収集や比較検討の材料集め」に適しています。

3冠を獲得・112万人が利用。

タウンライフは、テレビCMを行っていないため広くは知られていません。

しかし、評判がネット上で口コミで広がり、累計112万人が利用している3冠に輝く住宅サービスです。

3冠の中には、「利用満足度」や「知人に薦めたいサイト」などがあり、安心できるサービスを利用したい方に向いています。

ローコスト住宅プランを作ってくれるのは、厳選されたプロの専門家。

ローコスト住宅のプラン検討は、安心できる業者に任せたいもの。

タウンライフでは「厳格な国家基準をクリア」した信頼ある住宅会社のプロの専門家にローコスト住宅プランを無料作成してもらえます。

全国約万を超える施工店の中から、注文住宅では約600社が厳選登録しています。

中でも、ローコスト住宅ランキング上位10社中、8社が参加しています。

たしかに、事前の登録に約3分が必要になってしまいます。

しかし、気軽に無料で利用でき、あなたの希望に合うローコスト住宅プランを作ってもらえるため、今すぐ利用する価値があります。

詳細はこちら>>>

 

 


ローコスト住宅プラン作成よくある質問

「Q. 利用したら契約しないといけないのでは?」
契約の義務全くありません。タウンライフはあくまで「一括資料請求サイト」で、契約を斡旋されたり迫られることもありません。

「Q. 本当は何かお金がかかるのでは?」
完全無料で利用できるサービスです。住宅会社の広告宣伝費で運営がなりたっているため、無料サービスが実現しています。仲介手数料なども一切かかりません。

「Q. 申込み後の流れはどうなるの?」
はじめに入力内容の確認連絡があります。その後、希望条件に合わせたプランや資料が届くので、じっくり比較して下さい。

「Q. 迷惑電話や、しつこい押売り営業が不安です。」
一切ありません。希望欄に「メールのみでやりとりを希望」と記載すれば、本人確認の後、電話連絡なしで利用できます。

タウンライフは私も2度利用しています。

他に利用した方からもネガティブな報告は一度もなく、これまで112万人以上が利用しているために、安心しておすすめできます。

詳細はこちら>>>

 

他に人気のメーカー5社

ロイヤルハウスは、最高等級のロイヤルSSS構法で、高品質の木造住宅。

ローコストメーカー内
企業売上:(約8億円)
販売棟数:8位(約1100棟)
個客満足度:
坪単価:約30~50万円

ロイヤルハウスは、木造住宅でデザインに力を入れ、かつ、従来の在来工法を進化させた「ロイヤルSSS構法」での高品質な住宅が特徴です。

「ロイヤルSSS構法」は、住宅性能表示7項目全てで最高等級をクリアし、耐震性や耐風性など住まいの基本性能が高い構法です。

構造が強いことで、例えば、大空間の間取りを取ることが可能です。

ロイヤルハウスは「木のぬくもりが伝わる家」に興味のある方は、今すぐ検討する価値があります。

\ロイヤルハウスについてもっと詳しく!/

人気住宅カタログ⇒

特徴ロイヤルハウスの評判や坪単価など

ヤマト住建は、ZEH住宅商品の評判が特徴。

企業売上:約100億円
坪単価:約40〜60万円

ヤマト住建は、ZEH商品に定評のあるメーカーです。

「エネージュ」という商品は、省エネ住宅を表彰する「ハウス・オブ・ザ・イヤー イン・エナジー」を9年連続受賞し、大賞も2回受賞しています。

この商品は坪単価は高めですが、CMを行わずその分家づくりに費用をまわすことをポリシーにしている会社です。

ヤマト住建は、「ZEHの家づくり」に興味のある方は、今すぐ検討する価値があります。

\ヤマト住建についてもっと詳しく!/

人気住宅カタログを探す⇒

特徴ヤマト住建の評判や坪単価など

センチュリーホームは、健全な経営状態による、現金仕入れが特徴。

坪単価:約20〜50万円

センチュリーホームは、自己資本比率77%の健全な経営状態に特徴があります。

潤沢な資金によって、現金仕入・一括購入による低価格で資材を仕入れることができ、また、現金支払いにより優秀な職人が集まりやすいという強みがあります。

高い自己資本比率は、住宅価格にこだわり、派手な広告展開を行わず堅実な方針を行ってきた結果です。

センチュリーホームは「堅実さがあるローコスト住宅」に共感する方は、今すぐ検討する価値があります。

\センチュリーホームについてもっと詳しく!/

人気住宅カタログ⇒

特徴センチュリーホームの評判や坪単価など

広島建設 セナリオハウスは、千葉・東京・埼玉に強いローコストメーカー

セナリオハウス

企業売上:約170億円
販売棟数:約600
坪単価:約26〜50万円

広島建設-セナリオハウスは、「千葉県の北部〜東京都・埼玉県の東部」に強い低価格のメーカーです。

施工エリアの範囲を1時間以内で行ける距離に絞ることで、地域・気候に合わせた家づくりやメンテナンスの充実が実現しています。

ヴィンテージスタイルや、フレンチスタイル、ビーチスタイルなどデザイン性にもこだわりを見せています。

セナリオハウスは、「東葛・京葉・城東・埼玉東武エリア」で家づくりする方は、今すぐ検討する価値があります。

\セナリオハウスについてもっと詳しく!/

人気住宅カタログ⇒

特徴広島建設の評判や坪単価など

秀光ビルドは、超ローコスト(本体価格1000万円未満)もあることが特徴。

企業売上:約320億円
販売棟数:約1900
坪単価:約35〜45万円

秀光ビルドは、超ローコスト住宅が建てられることが特徴のメーカーです。

超ローコスト住宅とは、本体価格が1,000万円未満の住宅のことです。

テレビ番組「櫻井・有吉THE夜会SP」で、サンシャイン池崎さんが予算500万円で平屋の新築実家を建てたことも話題になりました。

秀光ビルドは、特に安い「超ローコスト住宅」に興味のある方は、今すぐ検討する価値があります。

\秀光ビルドについてもっと詳しく!/

人気住宅カタログ⇒

特徴秀光ビルドの評判や坪単価など

 

(参考)超ローコスト住宅で平屋・安い家を建てる!500〜1000万円台

ローコスト住宅ランキング各種【以下、補足】

ローコスト住宅総合ランキングの基準とした、施工棟数と顧客満足度の、各部門のランキングをご紹介します。

施工棟数ランキング

ローコスト住宅ランキング「施工棟数」の意味は?

「施工棟数」は、その住宅メーカー・工務店が年間で何棟の住宅を建てたかという数値です。

すなわち、実際にどれだけ選ばれたのかという、評判・人気を示す一つの明確な定量的な評価パロメーターとなります。

もちろん、「安いから」や「営業が上手だから」といった要素も入ってきますが、別事業での成績も入ってくる『売上』と比べても、より純粋に「戸建て住宅」における評価がダイレクトに分かります。

ランキングの算出基準

・複数の参考情報やサイトを参考にしています。(住宅産業新聞や、ハウスメーカー比較サイトなど)

・複数の情報源を参考としていることで、数値や順位が異なる場合がありますが、御了承をお願い致します。

ローコスト住宅「施工棟数」ランキング結果

順位 メーカー(棟数)
1位 タマホーム:7,600
2位 アイフルホーム:5,000
3位 アイダ設計:2,800
4位 ユニバーサルホーム:2,000
5位 クレバリーホーム:1,750
6位 レオハウス:1,750
7位 アキュラホーム:1,500
8位 ロイヤルハウス:1,100
9位 アエラホーム:1,000
10位 エースホーム:1,000

 

\簡単3分!大手28社厳選/

 

顧客満足度ランキング

ローコスト住宅ランキング「顧客満足度」の意味は?

そのハウスメーカーでの家づくりが、どれだけ満足できるものになりそうかの期待値を図る意味があります。

住宅の質・デザインや価格、顧客対応や施工後のアフターサービスなど、複合的にどれだけ満足できそうか、逆を言えば「後悔しないか」を推察できます。

住宅メーカーの中には「販売棟数が多くても満足度が低め」な場合や、逆に「販売棟数は少なくても満足度は高め」などの場合もあるので、その点でも、一つの参考となります。

ランキングの算出基準

・オリコンのハウスメーカー顧客満足度調査の総合結果を採用しています出典

調査概要】

・調査期間:2017/10/24~2017/10/31、2016/11/15~2016/11/22、2015/10/23~2015/11/05

・サンプル数:13,396人(調査時サンプル数14,395人)

・条件:過去12年以内に新築した注文戸建住宅に在住であり、かつハウスメーカー/工務店(個人経営除く)の選定に関与した人

・調査企業数:48社

ローコスト住宅「顧客満足度」最新ランキング結果

順位 メーカー(棟数)
1位 アキュラホーム
2位 レオハウス
3位 クレバリーホーム
4位 ユニバーサルホーム
5位 アイフルホーム
6位 タマホーム

\簡単3分!大手28社厳選/

 

 


ローコスト住宅の「アイデア・知識を広げる」ことが、失敗を避ける答えです。

ローコスト住宅の家づくりで失敗する原因は、充分な知識をつけないまま、住宅プラン作りを終わらせてしまうことにあります。

営業マンは契約につなげることが仕事のため、もし何かあってもあえて短所を言いませんし、上手な営業トークを自然と使い分け魅了します。

そのため、あなたがローコスト住宅を比較する知識や考えを、あらかじめ持ち合わせていることが必要になるのです。

プランの比較で得た知識と情報があれば、住宅展示場や打合せで細かな点まで確認や質問もできます。

ローコスト住宅のプラン比較は口コミで話題が広がり、これまで112万人が利用しています。

住宅プランの比較ができる「タウンライフ」は、テレビCMを行っていないために広く知られているとは言えません。

しかし、その評判が口コミなどでネット上を中心に広がり、近年、家づくりに熱心な方々に強く支持されてきました

累計利用者数は112万人を超え、注文住宅のサービスとして、「利用満足度・知人にすすめたいサイト・使いやすさ」でNo.1に輝くほどになっています。

たった3分で、住宅会社の間取りプラン・費用プランやカタログがもらえるタウンライフは、無料で気軽ながら優れものなのです。

無料で気軽に利用できるため、理想の「ローコスト住宅」に出会いたい方は、今すぐ利用する価値があります。

詳細はこちら>>

 

 


ローコスト住宅ランキングで気になる会社からは積極的に「提案書」をもらおう。

少しでも気になる住宅メーカー・工務店からは、ぜひ、間取りプランを作ってもらいましょう。

例えば、4LDK・5LDKの間取り、平屋・二世帯住宅など、あなたの希望に合わせたプランです。

まだどの会社にするか決めてないから頼めない?」・・・そんなことはありません。

むしろ逆で、色々と検討材料を収集して、ハウスメーカーを決めていく方が、満足できる家づくりに繋がりますよ。

タウンライフなら、約3分で、ローコスト住宅ランキング上位社に間取りプラン作成を一挙に依頼できますよ!

詳細はこちら>>

 

 

なお、中価格帯〜高価格帯も含めた全体での、ハウスメーカーランキングも参考になりますよ!

ローコスト住宅とは

ローコスト住宅は、安く建てられる注文住宅のこと。

ローコスト住宅とは、その名の通り「安く建てられる家」のことです。

すでに完成された状態で販売される「建売り」も安いですが、ローコスト住宅ならば自由設計もでき、費用も安いのです。

坪単価や総額は

ローコスト住宅は、坪単価約30~50万円が一目安。

一般的には、坪単価30~50万円の場合、ローコスト住宅と呼ばれています。

坪単価とは床面積1坪=約3.3㎡あたりにかかる建築費用のことです。

2017年フラット35利用者調査によると、日本の坪単価平均は約86万円のために、50万円未満はとても安い価格だと分かります。

坪単価に延床面積をかければ、総費用が分かります。

 

ポイント!坪単価の目安って?

ハウスメーカーの坪単価比較一覧の記事で詳しくご紹介しています。

ローコスト住宅は、例えば35坪なら約1,050万円〜約1,750万円など。

日本の一戸建て住宅の延床面積の平均は約40坪弱です。

仮に35坪(≒115.5㎡)の場合、坪単価30~50万円とすると、総額1,050〜1,750万円となり、1,000万円台で家が建つことが分かります。

(番外編として、小さなコンテナハウスタイニーハウスは約200万円〜です。)

 

ポイント!平屋だとより安いことも

安く住まいを建てる事を検討の方には、ローコスト住宅平屋の記事も参考になります。

ローコスト住宅なら、月々のローンが、賃貸の家賃と同じくらい。

ローコスト住宅を建てれば『賃貸物件よりも広くなり、かつ、毎月の支払額も減る』場合が多いです。

「35年ローン・ボーナス払い無し・固定金利1.5%」の条件で計算すると、月々の支払額は次の通りです。

・1200万円→月々 約3.7万円支払い

・1600万円→月々 約4.9万円支払い

・2000万円→月々 約6.1万円支払い

地域にもよりますが、例えばそれまで「賃貸物件で40〜50㎡程度で毎月7~8万円程度」支払っていた方が、「100㎡前後の家になり、毎月の支払が6万円未満になる」などの場合も多いでしょう。

今、賃貸物件に住んでいる方は、今すぐローコスト住宅を検討して損はありません

【無料・3分】ローコスト住宅の費用プランを簡単に比較することができます>>>

 

 

安い理由とは

ローコスト住宅は、なぜ家を建てるのに必要なお金・費用が安いのでしょうか?

ローコスト住宅以外のメーカーでは、施工費用の6割しか建設費に使われていない。

多くの住宅メーカーでは、実は、施工費用の約6割しか建設費用に使われていません

テレビCMなどの広告宣伝費、営業マンの人件費など、建設以外の活動に、4割近い費用を費やしているのです。

ローコスト住宅が安いのは、宣伝費や人件費を抑えている。

ローコスト住宅の費用が安いのは、不要・無駄なコスト削減に努める企業努力をしています。

【広告宣伝費】

テレビCMなどの宣伝活動を減らすことで、広告宣伝費を減らしています。

【材料費】

他のハウスメーカーと共同で大量仕入れすることで、資材費用を減らしています。

【人件費】

他のハウスメーカーと共同仕入れすることで、仕入れや交渉の人件費削減にもつながっています。

ローコスト住宅は安いからといって、質が悪かったり、設備が古かったりするわけではない。

ローコスト住宅が安いのは、不要な費用を削減する企業努力があるためであって、決して質が低いわけではありません。

悪い材質の部材を使ったり、設備が古いなどの心配もなく安心できます。

ただし、費用を抑えるために、完全自由設計ではなく「プランの中から選択・カスタマイズ」など、制約が出てくるメーカーも中にはあります。

どのようなプラン作りが可能か、契約前に、いろいろなローコスト住宅を比較してみましょう

ランキング上位のローコスト住宅メーカーから、気軽に提案をもらおう!

ローコスト住宅ランキング上位社に、まるっと一挙に、住宅プラン作成を依頼できるのがタウンライフです。

普通であれば1社作成するのに1~2カ月かかるような、間取り・見積もりプランを、たった3分の申し込みで、ゴッソリと入手できます。

上位メーカーを、あなたの希望に合わせた情報で一律で比較でき、参考にできるアイデアが数多く集まるため、今すぐ利用する価値があります。

\簡単3分!大手厳選/

 

ローコスト住宅のメリットと注意点

ローコスト住宅を検討するにあたって、良し悪しも把握しておきましょう。

ローコスト住宅の「メリット」:まず何より「安く買える」こと。その分、ライフスタイルの変化にも対応しやすい。

ローコスト住宅のメリットは「安い」ことです。

20代でまだ年収が低いうちでも住宅ローンを組み家を建てることができ、月々の支払も少ないです。

確かに、建売住宅も費用は安いですが、ローコスト住宅であれば、注文住宅として自分が希望する家づくりをすることができます。

費用が安い分、建て替えや転居の必要が発生した場合にも、費用面や心理面でも気軽に対応しやすいです。

(なお、建売住宅でも安いですが、建売住宅の注意点が数々あります。)

ローコスト住宅の「デメリット」:高機能設備はつけられない。

ローコスト住宅のデメリットとしては、高機能な設備が無いことが挙げられます。

例えば、太陽光発電、24時間空調システムなどから、トイレ・お風呂などの最高グレードの機能などです。

これら最新式の機能はあったら嬉しいものですが、必ず必要なものではありませんし、もし欲しければオプションで付けられます。

ローコスト住宅の「デメリット?」:外観と和室

また、ローコスト住宅の別のデメリットとして、費用を抑えるために「外観がシンプル」と「和室が無い」ということが挙げられることがあります。

ただし、これらは好みの問題で、必ずしもデメリットとも言えないでしょう。

最近ではシンプルでスマートな外観の住宅も多いですし、和室よりも洋室の方が好まれるものです。

\簡単3分!大手28社厳選/

 

ローコスト住宅での費用の調整点

ローコスト住宅とは言え、しっかり考えてプラン作りをしないと費用がかさんでいきます。

ここでは、費用を抑える、ローコスト住宅での家づくりのポイントをご紹介します。

ローコスト住宅では、「坪単価」の定義に注意。

ローコスト住宅は、坪単価約30~50万円の家ですが、この「坪単価」の定義に注意して下さい。

一般的には、1階や2階の床面積を指しています。

しかし、ベランダや、吹き抜け部分、玄関ポーチなどまで含んで算出しているメーカーもあり、その場合、一般的な定義で考えると割高な場合があります。

具体的には、タマホームがそうなのですが、他メーカーでも坪単価の定義に注意をしましょう。

ローコスト住宅では、必要以上にオプション機能をつけすぎない。

ローコスト住宅は、不要な設備を削っているからこそ、費用が安いのです。

もし、「あれもこれも」と様々なオプションをつけていくと、総額が一般的な住宅メーカーと変わらなくなってきて、ローコスト住宅としての良さを活かせません。

もし、例えば太陽光発電や、最新式のユニットバスなど設備にこだわりたいのであれば、ローコスト住宅以外も含めて比較をしましょう。

\簡単3分!大手28社厳選/

 

ローコスト住宅では、オプションをつけるなら契約前に検討を。

一般論として、どの業界でも営業マンは「契約を取るまでの努力」に最も力を入れがちです。

そのため、なるべく少しでも費用を抑えるのであれば、あらゆる費用の確認を済ませてから契約をすることです。

例えば、家づくりの中で、インテリアプランの検討などは後手にまわりがちです。

カーテンや照明ライト一つにとっても、物により費用が変わってきますが、契約前の方が費用の相談はしやすいものです。

ましてや、太陽光発電や、床暖房など費用が大きいオプションであれば尚更です。十分検討した上で、契約に進みましょう。

 

ポイント!家を建てる流れは?

家を建てる手順・流れの中に、注文住宅で失敗しないためのコツが隠されています。

ローコスト住宅では、予算までのゆとりを持ってプランを組もう。

ローコスト住宅に限りませんが、可能な総予算に対して、8割程度のゆとりある費用プランになるようにしましょう。

一般論として、建築費用の10%を、別途、外構工事の費用にかけると家に見栄えがいいなどと言います。

ハウスメーカーランキング2020
https://housemakerz.com/exterior-cost/

 

他にも、インテリアや家具などに費用をかけたくなるなどあるかもしれませんし、思いがけない出費もあるかもしれません

ハウスメーカーには、予算にゆとりを持って、費用プランを組んでもらうようにしましょう。

 

ポイント!本気の値引きに!!

注文住宅の値引き方法、詳細を徹底紹介している ハウスメーカーの値引き交渉 の記事をご確認ください。

ローコスト住宅でその他気をつけたいこと

ローコスト住宅での、費用面以外での確認しておきたいことをご紹介します。

ローコスト住宅では、しっかり自由設計できるかあらかじめ確認を。

あなたが、費用を抑えて一戸建て住みたい時、建売住宅ではなくローコスト住宅を選ぶ理由となるのは、希望に合わせた住宅プランを設計していけるからが大きな理由です。

ここで、住宅メーカー側からすると、ある程度規格化されている方が、仕入れなども行いやすく費用を抑えやすいのです。

そのため、自由設計と称していながら、実は完全に自由には家づくりできないメーカーなどもあります

あなたが希望する内容での家づくりが可能そうか、あらかじめしっかり各社を比較してみましょう。

 

ローコスト住宅では、その住宅会社の得意分野をしっかり確認しよう。

ローコスト住宅の中でも、それぞれに特徴があります。

例えば、外観が総タイル張りのクレバリーホームや、住宅設備が充実したアイフルホーム、地熱床システムが特徴のユニバーサルホームなど特色は様々です。

また、風水家相での間取り作りなども、得意不得意が別れます。

 

どのローコスト住宅も、費用が安いことに加え特色を出すべく何か得意分野を打ちだしています。

あなたが求める内容とマッチしたローコスト住宅を見つけられるように、様々なメーカーのプランを比較していきましょう。

ローコスト住宅では、アフターメンテナンスについても確認しよう。

家づくりは、アフターメンテナンスや長期保証まで含めての買い物です。

大手ハウスメーカーであれば、三十年保証や五十年保証などがついてくるところが多いですが、ローコスト住宅の場合はどうか、各メーカーで確認していく必要があります。

資本の小さい会社の場合、最悪、この先の倒産の可能性も出てきます。

もし、メンテンナンスや保証が無いと、何か修繕が発生した時にかかる費用が大きくなってしまうなどします。各社の条件を十分確認しましょう。

ポイント!保証は充実?

保証が充実しているのでしょうか?ハウスメーカーの長期保証・アフターサービスの記事で詳しくご紹介しています。

 

ポイント!地震に強い?

災害時も安心できるのでしょうか?地震に強いハウスメーカーの記事で詳しくご紹介しています。

 

ポイント!失敗しない。

ローコスト住宅の失敗・後悔と対策の記事も合わせてご参考下さい。

 

ローコスト住宅ランキング人気・評判・おすすめ(おわりに)

ローコスト住宅ランキングの結果は次の通りです。

これら住宅メーカーや工務店を中心に様々な比較検討を通じて、あなたの家づくりが成功することを願っています。

ローコスト住宅ランキング上位社に、一括でプラン依頼できます。

ハウスメーカー比較がググッと楽になるのが、タウンライフ家づくり注文住宅一括比較です。

3分のウェブ申込みで、複数社の見積りや間取りプランを簡単に手に入れられます。

ローコスト住宅ランキング上位10社中、なんと8社が参加!各社の提案・坪単価・対応力などを比べられます。

タウンライフなら時短で一挙に比較でき、今すぐ使わない手はありません

 

 

ランキング上位のローコスト住宅メーカーへの相談でプレゼントをもらおう!

タウンライフでハウスメーカー比較をすると、先着で「成功する家づくり7つの法則」冊子(全50P)無料プレゼントされます。

私も読みましたが、全く知らなかった家づくりに役立つ知識が豊富で、住宅を見る観点が変わってきます。

読むことで、家づくりの失敗を避けられる値千金の一冊です。タウンライフのハウスメーカー比較を今すぐ利用しないと損です。

\簡単3分!大手28社厳選/

 

 

もしすでに、住宅メーカーを決めている方は、間取り検討など楽しんで頑張ってくださいね!

間取り図作成アプリ・フリーソフトなども面白いですよ!